三十路女の晩酌

三十路女の晩酌ときどき一人旅を綴ります

【美容】蕎麦の嬉しい効果についてまとめてみた

私はお蕎麦が好きです。

家でシメを食べるときはあったかいお蕎麦でしめます。

お蕎麦って美容や健康にいいって聞くけど、具体的には?

気になったので調べてみました!

 

 

f:id:miso_onna:20210409122536j:plain

蕎麦に含まれる成分は?

  • ルチン:強い抗酸化作用をもつポリフェノールの一種で、そばやいちじくに含まれる。ビタミンCの吸収を促進するのが特徴。
  • ビタミンB1,B2:ビタミンB1疲労回復、アルコールの代謝、精神・神経の安定に作用する。ビタミンB2は皮膚・粘膜を正常に保ち、エネルギー代謝にも関与する。
  • コリン:脂肪分解や肝機能をたすける効果がある。
  • 食物繊維:水溶性、不溶性いずれも含む
  • タンパク質

 

蕎麦のダイエット効果は?

  • 蕎麦は低GI値の食品として知られており、他の麺類や白米に比べると血糖値を上げにくいと考えられます。ただし、摂りすぎるとカロリーオーバーになるので1日1食を目安に摂るといいようです。また、ダイエット目的の場合は天ぷら蕎麦も避けましょう。
  • 蕎麦は「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」のいずれも含みます。これらはどちらも腸内環境を整え、便通を改善させてくれる効果があります。とくに「水溶性食物繊維は脂肪や糖に吸着し、体外に排出させるという特徴があります。
  • 蕎麦に含まれる「コリン」には脂肪分解を促進してくれる効果があり、これもダイエットしている方には嬉しい効果ですね。
  • ダイエット中はタンパク質の摂取も重要になります。体づくりをしている方にとって、蕎麦は適した主食かもしれません。

 

蕎麦の美容効果は?

  • 蕎麦に含まれる「ルチン」はポリフェノールの一種です。ポリフェノールはつよい抗酸化作用をもつことで知られています。抗酸化作用とは簡単にいうと体の「サビ」を抑制する効果があります。つまり、「アンチエイジング」に効果的な成分なのです。また、「ルチン」にはビタミンCの吸収を促進させる作用があります。ビタミンCはお肌を美しく保つために不可欠な成分です。お蕎麦を摂る際に野菜やサプリメントでビタミンCを一緒に摂るとより効果的と思われます。
  • 蕎麦には豊富なビタミンが含まれています。特にビタミンB2は皮膚・粘膜を健康に保ってくれる成分であり、美肌を保ってくれるでしょう。

蕎麦の健康への効果は?

  • 「ルチン」のもつ抗酸化作用は美容だけでなく健康にも重要な働きを持ち、がんや生活習慣病の予防にも期待できるといわれています。また、「コリン」や各種ビタミンの摂取はアルコール代謝や肝機能にも作用し、お酒のシメでお蕎麦を食べるというのは理にかなっているのかもしれません。

 

以上、お蕎麦の美容や健康に嬉しい効果についてまとめてみました。

1日1食お蕎麦にする、シメのラーメンをお蕎麦にする、などちょっとした置き換えで嬉しい効果が期待できそうですね!!